胃内視鏡検査を受けられる方へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

胃内視鏡検査の流れ、注意事項

 

午前に検査を受けられる場合は、検査前日の夜9時以降は絶食してください(夕食は軽めにしてください)。午後の検査の場合は、当日の朝7時までに、パンやうどん、栄養ゼリーなど軽めの朝食をとっていただいて大丈夫です(ご飯、野菜は不可)。その後、水分は摂っていただいて結構です。

 

・午前に検査を受けられる場合は、起床後にコップ2杯の水を飲んでください。また、家を出る際にも水を飲んでください。食事は摂らないでください

 

・検査時間の10分ほど前に、絶食で来院してください。

 

血圧、心臓の薬を常用している方は、検査予定の2時間前までに飲んでください。その他の薬に関しては飲まないでください。特に糖尿病の薬は飲まないでください。インスリンも打たないでください。不明な点がございましたら、ご相談ください。

 

・血液をさらさらにする薬(抗凝固薬のワーファリン、プラザキサなどや、抗血小板薬のアスピリン、パナルジン、プラビックス、プレタール、エパデールなど)は生検(組織を採取して顕微鏡で見る検査)の際に血がとまりにくくなるため、数日-1週間ほど前から内服をやめていただく必要がありますので、ご相談ください(内服をやめない場合もあります)。

 

・来院後、胃の中をきれいにする薬を飲んでいただきます。その後、鼻腔の麻酔を行なった後、内視鏡検査をはじめます。検査は5-10分ほどで終了します

 

・鼻腔が狭く内視鏡挿入が困難な場合は、経口挿入に変更となる場合があります。

 

・検査終了後、結果説明を医師より行います。必要あらば薬の処方を行います。生検を施行した場合は、その結果説明のために1-2週間あけて来院していただきます。

 

・まれに検査の影響で鼻出血を起こす可能がありますが、内視鏡検査終了後に鼻を押さることで止血することができます。また、出血の原因となりますので、検査後に鼻を強くかまないようにしてください

 

・検査後1時間程度は、喉への麻酔効果が残っています。それまでは誤飲する可能性がありますので注意してください。

 

・検査の時に入れた空気の影響で、軽い腹痛や不快感がしばらく続くことがあります。強い腹痛、吐血、タール便(こげたような真っ黒い便)が出現した場合はご連絡ください。

 

検査後1時間以上経過して腹痛がなければ、食事や水分を摂ってもらって結構です。なお、当日は消化の良いものを食べ、刺激物、飲酒、運動は控えてください。

 

 

 

胃内視鏡検査にかかる費用の目安

 

保険3割の方の費用の目安は以下の通りです。保険1割の方はこの1/3とお考えください。

 

・胃内視鏡検査(材料費込):3,460円

・生検(1臓器につき):3,960円

 

上記の他に診察料や、癌が疑われる時などに行う生検検査の有無や潰瘍や炎症などの病気が見つかった時の薬の処方などにより費用にかなりのばらつきがでますが、だいたい3割負担で6,000-14,000円の範囲とお考えください。

 

TOPページに戻る